•                                                                                  

バイクを愛してしまったら、自分で手入れしたくなるのは自然なこと。


 
2017.12.31

"WebSHERPA"を創刊した最初の年2017年が終わろうとしています。

 

今年もiBはエンジンを通じて世界を見てきました。

 
今年の営業最終日はiBのみんなで大掃除のあと、名栗湖までバイクで行ってほのぼのしてきました。(^^)
 


こういうツーリングってなんにもないんですよね。特別なこととか劇的なこととか。そんなことはなんにも起こらないんだけど、それがイイんでしょうね。


KKURUMIさんは一年かかって自分でレストアしたモンキーでひとりで湖を一周してきました。

 

NSRでレースをしている吉岡くんはストリート用のバイクは持っていないのでSR-ICBM® for VMXで参加。心配してKKURUMIさんの様子を見に行ってくれましたが、何事もなく先に帰ってきました。よかった。(^o^)
 

同期入社のふたり。朝グラストラッカーのエンジンがかからなかった松坂くんもみんなより40分遅れで到着!サーキットでは速い吉澤くんは今日はSDRでみんなとゆっくり走ってきました。
 
iBのスタッフは全員がそれぞれの方法でエンジンをバイクを愛して、それぞれに自分のライフスタイルに取り入れています。
今回参加したバイクは
Monkey,RZ,GS750,SDR,SherpaT,SR-ICBM® x2,グラストラッカー,KH250と車種はバラバラですが、それぞれオーナーの思いのこもったバイクでありまたエンジンにもiBらしい工夫で手が入ったものばかりです。
 
自分たち自身がほんとうに愛して素晴らしいと思っているバイクを未来に残して行きたい。自分たちのものばかりでなく、もちろんお客様にも自分たちの技術で笑顔になっていただきたい。こんな素晴らしいバイクという乗り物をもっと多くの人に愉しんでもらいたい。そういう思いに嘘はないです。
 
今日もみんなが無事集まれてほんとうによかった。
なにごともなく静かな時間が流れて行きました。
 

ただ、みんなで湖まで行って荒涼とした冬の景色を眺めて帰ってくるだけ。
でも、そういうことを一緒にしたみんなが、他のどんな時よりもなぜか「仲間だ」って感じられてしまう。あれ、なぜなんでしょうね。

みんなで行けて、、よかった。
でも、この寒い時期になんとバカバカしい、、、、

バイクってほんとうに素敵な乗り物ですね。
 

 
 
 
 
「エンジンで世界を笑顔に!」創業64年を超えても、iBはブレることなくエンジンで人々を幸せにすることにこれからも尽力していきたい、と本気で考えています。
 
 
 
"Web SHERPA"をご覧いただいてご感想などいただけたらたいへんに嬉しいです。
こちらへコメントをいただければと思います。
よろしくお願い致します。m(_ _)m